ベッドクリーニングとジョージ

ダスタリー東京のブログ

2019年06月01日

こんにちは


元号が令和となり、一ヶ月が経ちました。


本日は武蔵野市にお住まいのお客様より、ベッドクリーニングのご依頼を

いただきまして行ってきました。


イタリア製の三つ折りマットレスにカビが付いてしまったので、カビ菌と

シミを取ってほしいとの事でした。


拝見すると、いつも裏にしている面に黒いカビシミがほぼ全体に付いていました。

ファスナーの中のウレタンにも、カビシミが付いており、菌自体は100℃の

スチームで除去は出来るのですが、シミ跡の完全除去は難しそうでした。


お客様にはその旨お伝えして 施工に着手しました。


スチームと洗剤をカビ部分に改善が出来るまで、何度か繰り返してゆきました。

少し薄くなったところで、ブラッシングをして、またスチームと洗剤を繰り返して

何とか、当初よりは薄くする事が出来ました。


乾燥をして終了し、お客様にご確認いただき

「 あっ、かなり落ちましたね。 有難うございます。」 と

ご了承をいただく事が出来ました。


本日は 誠に有難うございました。


P.S.       武蔵野市といえば、私にとっては何を置いても吉祥寺です。

      学生時代から二十代前半まで、本当に沢山の思い出があり

      仲間うちでは ジョージ と言っていましたっけ。


      高校の通学でこの駅を使ったり、メインストリートにある持ち帰り

      寿司店でアルバイトをしたり、オシャレなパブに通い詰めたり、

      井の頭公園の池の周りのベンチで歌ったりと、何かとこの街に

      来ていました。

      

      あれから40年近くの時間が流れて、施工や営業でこの街を

      訪れる事もありますが、何だかずいぶんと変わってしまったようです。

      でも、当時から他の街とは何処かひとつ違っていて、それは今でも

      住みたい街の上位にランクインしていることからも分かります。

      

      街並も人も店も変わってしまいましたが、やはり今でもいい街には

      変わりはないですね。


      でも知ってますか?

      昔はディスコもあって、駅前でよく女の子にタダ券配ってましたよ。

      そして愚かな私は、その女の子の後に付いて行っちゃったりして~。


      ああっ、若かったな~。