ベッドクリーニングと交通安全

ダスタリー東京のブログ

2021年04月06日
こんにちは

本日は、世田谷区にお住まいのお客様より、ベッドクリーニングの
ご依頼をいただきまして、行ってきました。

マットレスに赤ワインがこぼれてしまい、すぐにタオルで拭かれた
そうですが、シミになってしまったので、シミを取ってほしいとの
事でした。

拝見しますと、マットレスのほぼ中央部分に、赤黒い楕円のシミが
10cm位の大きさで付いていました。
そのまわりには、黄色いシミも幾つかありました。

洗剤とスチームをかけて、ブラッシングでシミを分解しようと
しましたが、なかなか変化がみられません。
洗剤とスチームを追加して、ブラッシングもしましたが、変わりません
でした。

それでも、工程を更に繰り返してゆくと、赤黒いシミが薄くなってきました。

リンサーで洗浄をしますと、とうとう赤黒いシミは消えてゆきました。
しかし、黄色いシミは少し残ってしましましたが、これが限界と
判断して、他の部分の洗浄と乾燥をして終了いたしました。

ご確認時に、お客様より
「 思っていたよりキレイになりましたね。有難うございました 」と
ご満足をいただく事ができました。

本日は、誠に有難うございました。

P.S.  本日道路や交差点には、沢山の警察官やパトカーや
     白バイが出ていました。
     どうやら春の交通安全運動らしいです。

     そういえば昔、バイクで甲府にツーリングに行った時
     こんな事がありました。
 
     甲府の市役所辺りを走っていると、前方左側に警察官が
     ニンジン(赤い点滅する棒状のライト)を振って、
     赤白のパイロンの左へ入るように、誘導していました。

     何かと思いましたが、そこには何台かバイクが先に誘導  
     されていて、警察官と何か話しているのが見えました。
     そのうち、一人の若い警察官がやってきて
     私に話かけてきました。
     「 お急ぎのところ申し訳ありません。
       只今春の交通安全運動中でして。
       ライダーの皆さんに、安全運転のお願いの
       お声掛けをさせていただいています」と
     チラシとティシュを渡してくれました。
     
     そしてその警察官は私を元の交通の流れに、
     安全に誘導してくれて、私が発進すると
     「 お気をつけて!」 と言ってくれました。
     
     あの若い警察官のあの言葉は、お約束の言葉だったかも
     しれませんが、私はなんだか嬉しい気持ちになり。
     その後はあまり飛ばさず(?)に、事故にも遭わず
     無事に帰宅する事が出来ました。

     春の交通安全運動は、15日までだそうです。

     みなさんも安全運転で行きましょう!